前へ
次へ

アナフィラキシーの治療はどうすればいいか

蜂には多くの種類があり、身近なものとしてはミツバチがいます。
花から蜜を採取してそれを巣に持ち帰って蓄えます。
ミツバチの巣の中には大量のはちみつが含まれていて、絞って取り出すようです。
ミツバチは比較的おとなしい蜂ですが狂暴な蜂としてスズメバチが知られています。
非常に大きい蜂として知られています。
スズメバチの巣は人家の軒下などに作られることが多く、もしよく見かけるようになったら巣の発見と駆除を急がなくてはいけないでしょう。
というのもスズメバチに刺されると人を殺すほどの威力を発揮するときがあるからです。
ただ一度刺されただけで死ぬことはないでしょう。
スズメバチに刺されたときに怖いのは2回目で、アナフィラキシーショックによって亡くなるときがあります。
一度目に刺されたときに毒による免疫ができるものの、二度目に刺されたときにその免疫が過剰に反応してショック死を引き起こします。
これを防ぐにはアドレナリンを注射して免疫反応を抑えないといけません。

Page Top